ズワイガニは松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取が有名な産地

020-20151103-105459

020-20151103-105459ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリガニと言います。

かにの中で比較すると脚を味わいたい方には向いていないのですが、対照的に、かに味噌がおいしくて味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。

水揚げ量の多いかにで、比較的手ごろな価格なのでもし、かに味噌を思い切り食べようと思えば十分満足できるかにです。

丸ごと調理するのも簡単なサイズでアイディア次第で、調理法は実に多様です。有名なかにの産地を考えてみると、北海道で決まりでしょう。


実は、それには訳があって、日本で水揚げされる毛蟹の産地は北海道限定だからです。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所を思いつく方もいると思います。

まずは、ズワイガニは松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取が有名な産地となっています。

ちょっと贅沢して蟹を買おう!そんな時には選択方法が大事になってきます。一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、選ぶ方法に違いがあります。例えば、ズワイ蟹を買う場合を考えてみましょう。この時には、見るポイント、それは腹側です。避けるべきズワイ蟹は腹が白くなっているもので中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。他に挙げられものとしては、甲羅の硬いものもいいでしょう。どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

これからは、塩を入れたお湯で茹でてください。
海水より濃くないくらいで、ちょっと塩気を感じるという感じを保ってください。
かには丸ごと茹でる必要はなく、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。
お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと鍋の後始末も楽です。

便利で知られる蟹通販ですが、どうしても疑ってしまうのは、果たして蟹の新鮮さは大丈夫なのかという部分でしょう。
蟹通販を初めて利用するという人の場合は、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。

しかし、実際の場合、蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。

蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、一般的なお店で売られている蟹よりも鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。かに通販のお店にも、訳ありの商品があるって知っていましたか。訳というのが何で、食べてみて正規品とどこまで差があるのか。

そこが、業者の誠意を推し量る上で大変役立つと思います。

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、他と比べて、特別に小さいものも訳になってしまうそうです。
ほぼ大きさが揃っている中に混じった半端な大きさのかにだとか、甲羅の傷や脚の外れなどもありますが、味には変わりないですよね。

こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民は気にする方がおかしいくらいです。友達にも教えてあげようと思います。
安さが特色のかに通販もありますが、利用には注意が必要です。
検品や試食ができるわけではないので、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりとは言い切れません。
店舗がたくさんある中で、信頼の置けるところを探すことが通販上手になるためのはじめの一歩です。

かに通販に初挑戦という方は、良心的なお店を見つけるのも一苦労ですが、口コミや評価があればそれも参考にして安くておいしいかにを食べてくださいね。

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、かつては東京湾でも獲れたそうです。現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。近年、国産品は貴重になってきています。15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。
美味しい蟹が獲れる地域は限られています。

でも、今では、ネットの蟹通販を利用して、いつでも旬の蟹を取り寄せることができます。

蟹通販といっても、扱っている蟹は様々ですが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。ズワイ蟹の魅力は、なんといっても蟹の身そのものの旨味を味わえること。その身は甘みが強く、絶品です。
その他の海の幸と同じく、ズワイ蟹も漁場や獲れた時期によって品質に当たり外れがあるので、松葉ガニ、越前ガニなどのブランド蟹を選ぶのがお勧めです。

かにの通販は本当にたくさんありますよね。購入のチェックポイントとして、ボイル前と後はどちらがよいのか決め手がないと思った方も多いのは仕方ないことです。

いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で決める場面では活かにが一押しです。
まず間違いなく、活かにの方が新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。